ラミクタールで心も身体も安定させましょう

ラミクタールを服用していると症状の再発を防げる?

ラミクタールは、イギリスに本社をおく、大手製薬企業グラクソスミスクライン社から発売されている薬です。
この薬は、以下の2つの病気に対して適応です。
・てんかん
てんかんは、脳の細胞の働きに異常な神経活動が起こる神経疾患です。
大脳の神経細胞が過剰に働くことにより、激しい電気信的興奮が起こり、発作的なけいれんや、意識障害が発生します。
慢性的な疾患で、適切な治療が必要です。
てんかんには、大きく分けて全般発作と部分発作がありますが、ラミクタールはてんかんのうち、全般発作の強直間代発作(大発作)と子どもの欠神発作、レノックス・ガストー症候群などの発作の予防に使用されます。
・双極性障害
双極性障害は、一般的に躁うつ病として知られている病気です。
気持ちが大きくなる、行動や言動が乱暴になる、高い買い物をたくさんしてしまう、無計画に大きなことをやろうとする状態が躁状態(躁エピソード)、気分がふさがってしまう、激しい落ち込み、楽しさや幸福の感情がなくなってしまう、ぼーっとしてしまうような状態がうつ状態(うつエピソード)です。
この二つのエピソードが繰り返されてしまうのが双極性障害です。
こちらも慢性的な疾患なので、適切な治療が必要となります。
ラミクタールは躁エピソードと、うつエピソードの波を穏やかに維持する作用があります。
てんかんも、双極性障害も、再発を防ぐためにこの薬が使われます。
ラミクタールの重篤な副作用に皮膚症状があります。
副作用が出ないように、ごく少量から服用開始となります。
そのため、即効性は期待できませんが、医師の適切な指示のもと、服用することによって再発や発作の予防をしてくれる薬です。
正しく使って、健康的な生活を送りましょう。