ラミクタールで心も身体も安定させましょう

ラミクタールを買いだめして常備持っていたい時

てんかん発作には意識障害やけいれん発作を繰り返すと言う性質が在ります。
そのため、ラミクタールと言った抗てんかん剤を常に投与しておくことが発作を予防する事が可能になる事からも病院などでは1か月分などを処方して貰う事が可能になっています。

因みに、薬は体内に吸収された後に肝臓で処理が行われ排泄される事になりますが、肝臓に疾患を持つ患者さんと言うのは医薬品の排泄が遅れがちになるため、服用する量、服用間隔などに対する注意が必要になります。

また、経口避妊薬との相互作用により、副作用を引き起こす可能性が在る事、他の薬との相互作用などが在り、薬の効果が強く出てしまう事も在れば、逆に効果が弱くなる可能性も在るため、服用している医薬品が在る場合にはかかりつけの医師に医薬品の名前を伝えておくことが大切であり、使用してはいけない医薬品が含まれていないか否かの確認をしておくのが安心です。

尚、ラミクタールはラメテックと呼ばれているジェネリック医薬品が在ります。
この医薬品はラミクタールと同じくてんかん発作や痙攣などの症状を緩和してくれる作用が在り、100mgが1箱100錠入りになっています。

ジェネリック医薬品は後発医薬品と呼ばれている医薬品で、ラミクタールの効果を継承しており、値段が安いと言う魅力が在ります。
但し、この医薬品はインドの製薬会社が製造販売を行っているため、病院で処方を受ける事が出来ません。
そのため、個人輸入を行うか通販店を利用して購入する事で入手が可能になります。

海外旅行などに出掛ける時など、直ぐにラミクタールの入手が出来ないと言った場合など、このようなジェネリック医薬品を用意しておけば安心ですし、病院で処方して貰う場合もいつもよりも多めに処方をお願いすれば必要量を用意する事も出来ます。